MSPが待ち時間なしでもらえました!!!

これを待ってた!!本当にここ最近BC州の保険に入れてなくてつらかったのにようやく今日その邪悪なるストレスから解放!!!どこのサイトを調べても実例が乗ってなかったので書いてみました。

MSPとは

カナダでは州ごとに保険が違います。ふつう国民全員が入る保険になります。

日本の保険よりいいところは全額カバー!妊娠もカバー!最強!

でもたしか歯医者とかはカバーなし。←夫の会社の保険でカバーされるって!!

私の住むKamloopsはBC州なので、Medical Service Planに入ることになります。

MSPに入るためには

私は今のところワーホリのビザなのでそれでもカバーされますが申し込んだ時点で

  • 6ヶ月以上VISAの有効期限があること(ワーホリは1年ビザです)
  • BC州に連続して6ヶ月以上滞在していること
  • 少なくとも一週間に18時間以上働いてること

この3つをクリアしている必要があります。

ワーホリのビザが半年を切る前に18時間以上働ける仕事を見つけている必要があります。これがわたしにとってかなり厄介でした。バイトしてたけど州に10時間だけだったり、フルタイムの仕事が見つかった時点で既にビザの残りの期限が7ヶ月を切っていました。この時点ではまだ申し込むことは出来たのですがワーホリするときに買っていたビジター保険(任意で入る旅行)もまだあったし、もちろん妊娠もしてなかったしいいかって思ってました。まあそうですよね。だいたいの事故はビジター保険でカバーされます。(妊娠以外

でも妊娠がわかってからビジター保険でカバーされないことを知り大慌て。

一応MSPの申請をネットでやってみると。。。残念ながらと行ったお知らせが手紙で届きました。

自費で病院に通うと(かかった費用)

今までの妊娠検査でかかった費用を書いていきます。(2020年)

  • ウォークインクリニックでの診察(産婦人科にかかるにはここの検査で妊娠していることがわかっている必要があります。)-$100
  • 血液検査-$250
  • つわりのくすり-$36.20
  • エコー-$359
  • 医者の診察-$180

つらかった。。。精神的に

あきらめて日本で出産か。。。試したこと

ネットで保険のない人のサポートをしてくれる病院がないかとか、NPOとかないのかなーとか調べましたが、ありませんでした。

こういう病院もありましたが、バンクーバ付近にすんでいないからサポートできないと言われました。New Beginnings Maternity Clinic (BC WOMEN’S HOSPITAL)

永住権 Permanent Residency の申請をつい先日したばかりです。普通なら3ヶ月ほどの待ち時間があり、その間はカバーされないはず。公式のページで調べてもwaiting periodは自費で。と書いていたり妊娠もその1部にふくまれて待ち時間は短縮できないと”REQUEST TO WAIVE THE MSP COVERAGE WAIT PERIOD”のフォームにも書かれていました。

条件を満たしていないのにどうやってMSPに入れたのか

①永住権の申請費用を払った後にすぐ、申請をします

このページから。必要なのはレシートと持っているVISA,パスポートだったかな。オンラインで申請できます。

https://www2.gov.bc.ca/gov/content/health/health-drug-coverage/msp/bc-residents/managing-your-msp-account

それでも普通なら3ヶ月のWaiting Periodがあります。つまり普通ならMSPに入れるまで申請してから3ヶ月かかるということ。

それでは出産に間に合わないかもしれない。検査の費用も自費。。。涙

お医者さんにも相談してMSPの担当者に事情を説明することにしました。

MSPのサイトより電話番号を確認して電話

③事情を説明してMSPがすぐに必要だということを伝える。

このときにMSP側は①で送ったフォームを対象に本人確認をしてくるので旦那のMSPナンバー、誕生日、フルネームが必要

④手続きをするので1週間後にもう1度連絡してMSPの番号を確認してくださいと言われました。

この時点では、手応えはありましたが、1週間後まで不安が続きました。

不安だったのは、VISAが来月に切れるし(新しいVISAは申請済みだがまだ手続き中)いったんVISAなしになるからその期間はカバーされるのかが不安だった。ちなみにVISAが切れても申請済みであればその待ち時間は違法滞在にはなりません。

⑤ちょうど1週間後に電話したところ、2日前にアクティベートされて、期限も1年以上先!!!

これで不安から解消されました。

落ち込まないで試すべきこと!!

ネットの情報は公式であっても、実際に担当者と話してみるとその情報がいい意味で覆ることがあります!私は電話がすごく嫌いですが、このときは必死になって電話をかけました。なので文章にだまされず、実際に話すことがカナダでは大切なのだとわかりました。

ほかに同じような状況で悩んでる人がいるかどうかはわかりませんが、私がこのような情報をずっと探していたので、きっと誰かの役にたてたらいいな。

ということで私は出産までばっちりカバーされました!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です