カナダにワーホリ行きます!手続きが...しんどい!

[:ja]お久しぶりです.

この度2019年1月中旬からカナダのBritish ColumbiaとWhite Horseに行くことになりました.
場所は,とりあえずworkawayで働きながら住めるところでいいホストを選んで決めた感じです.
本当は,Montrealに行きたかったけど,タイミングが悪く,良いホストに出会えませんでした.

そこで,また人脈を広げつつ,古着に関わるお仕事をしていきたいと思います.
お金も欲しくて,お金稼ぎにカナダに行きたいけど,それよりも経験を選びました.
今も,日本で起業してみたい気持ちや,実行してみたいビジネスアイデアは浮かんでいますが,もう少し,経験を積ませてください.

そこでカナダで,ワーキングホリデービザを取ることにしました.
しかし...これが意外にも面倒臭い.というもの,普段なら書類を書いたり,お金を少し払えば割と手続きは簡単なのですが,6年前に1年アメリカ,つい最近まで2年間パラオにおり,こういう海外によく長期的に行く人にとってはかなり面倒...

書く書類や,手順が増えます.
①現地での無犯罪証明
②健康診断

これが必要になってきます.
しかも,確実に必要です!!!という訳でもなく,あくまでもカナダ政府の判断であり細かいルールが公表されていないのが難です.

ネットで調べる限り,①現地での無犯罪証明は海外に半年以上いた人に必要らしくまた,これも曖昧.様々な留学,カナダのワーホリエージェントに同じ質問をし続けたところいるんじゃない?っていうところもあれば,入らない可能性が高いというエージェントもいます.何れにせよカナダ政府の判断らしく,ルールが定まってないのが現状.これが,万が一必要になれば,各国から取り寄せるのにすごく時間がかかる場合もあります.ワーホリの申請に間に合わない可能性だって十分にある訳です.お金もかかってきます.

私はひとまずアメリカの無犯罪証明を現在手続きしていますが,それに必要なFBIに提出する指紋カードの提出がまた曖昧.紙はコピー紙でいいのか,サイズに規定はあるのかそれもよくわからないし,まず日本の鑑識,警察では指紋を取る際にサインしてくれません.ネットで調べると公証人が必要という人もいれば,サインができませんといったレターを書いて送ればいいといった人もいます.

もうわからなすぎてしんどい!!

アメリカの大使館,カナダの大使館,アメリカの警察,日本の警察とあらゆるところとコンタクトを取り,結局カナダの大使館がレターを送ってくれることになりました.

 

またさらに面倒なのが健康診断.

これもパラオにいた私は必要らしいのですが,(必要な国とそうでない国がある),あるワーホリエージェントは,おそらく必要,また一方は帰国して1年以上経ってれば必要ないから2019年の申請をする私には必要ないというエージェントもおり,もう訳わからん!

 

さらにこの健康診断を受けるには,日本で東京と神戸の2箇所の指定病院しか健康診断できません.

しかも受診に3万円ほど...

九州にいる私は飛行機も取らなければなりません.

 

ここも悩みどころ...

もしかしたら健診が必要ない可能性だってある.なのに受けなきゃいけないの?どうしよう?

受けてくださいって言われてからじゃ遅いかな...いろんなことを考えます.

ビザ獲得を確実に近づけるには早めの受診が必要ですが,お金がない私にとっては苦痛...

 

助けてー

 

とりあえず出発の1ヶ月前に1度東京に行って診断を受けることにしました.

 

あともう1点.

銀行の残高証明.

これも必要なくなったというエージェントもいれば,いるというエージェントもある.

銀行証明は必要で有効期限は1ヶ月だというエージェントもいました.

 

訳わからんけど,とりあえずできることは早いうちにやっておこう!!

 

 [:]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です