欲求5段階説に基づいた自分の幸福度 3KMプログラム

[:ja]


先日,大分のセミナーで3KMプログラムに参加してきました.面白そうだなー何かいいアイデアが得られればいいなという程度の乗り気でしたが,行ってよかったと思っています.

3KMとは個人,家庭,会社からなる3Kと一人一人が目標(Mark)を持ち,それらを管理(Management)し実現に向けて意欲を引き出すこと

簡単に言えば,ポジティブに,人生の計画を練って,それに向かって前進しよう!

普段自分の中に眠ったままになっている潜在意識の理想的な部分をを習慣化し,リピートすることによって,それを顕在意識(意識しなくてもできるようなこと)つまり,普段の自分として確立させよう

 

ということでした.

わかってはいるものの,やっぱり計画を立てると気づかないことや,いつもよりたくさんできることはいっぱいあると,改めて気づかされました.

 

その中でも

マズローの欲求5段階説

①自己実現の欲求

②自我自尊の欲求

③社会的帰属欲求

④安全安定の欲求

⑤生理的欲求

というものの解説がありました.

⑤が人間生きていて,今の日本では”当たり前”のように感じる欲求の根底にあるもので,食べたり,寝たり.生きることに最低限必要なことが当てはまります.

①に行くたびに,悪く言えば欲張りな欲求ということになりますが,人として①から⑤まで当たり前に持つ欲求になります.

 

解説では⑤は戦争とかのない今の日本では,感じにくい欲求になってきているというものがありましたが,私には,これは特別大きくて人よりも敏感だと言えます.

 

それは,アメリカにバックパッカー旅行をしていたことが主なきっかけだと思います.

知らない土地,限られたお金,場所,知らない人しかいないような場所でどうやって毎日を生き抜くか,それをすごく強く感じることができました.

食べ物をご馳走してもらった時の感動,寝る場所を確保できた時の安心感(それがたとえバス停や野外でも)は大きかったです.

おかげで,人よりも幸福感は大きい気がします.

 

もちろん私も①から⑤までどれも人よりも大きくて,夢も大きいからそれが実現できるか迷った時に①の自己実現の欲求が満たされないかもしれない危機に陥って悩むことも多いです.でもその分満たされた時の幸せ,あらゆるものへの感謝の気持ちは大きいです.

 

そんな自分がこれからも幸せで,夢を実現できるように頑張りたいと思います!

 

皆さんには生理的欲求を日頃から感じることができますか?

 [:]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です