【無犯罪証明書の取得】出発まで1週間 ワーキングホリデービザの手続き!

[:ja]出発まで1週間ちょっととなりました.

先月ワーホリのビザ2019のプールがオープンしてすぐに申し込みを初めて本日,ようやく招待レターが届きました.ここまで1ヶ月ほどかかっています.

近年5年以内にパラオに2年いたこと,かつてアメリカに1年留学していたのもあり,手続きが面倒なことになっているのがすごく嫌でしたが,念のためにとったアメリカ,パラオからの無犯罪証明書が無事に取得できました.

アメリカの無犯罪証明書を日本で取得することに手こずっている方も多かったと思います.

手順としては

①アメリカのFBIのホームページからオンライン手続きをする.

②指紋の要求をされる(FD-258は指紋用の用紙)

これは様式を家庭のコピー機で印刷してオッケーです.

↪️私も一応型紙上に印刷してフォームをゲット.

↪️フォームを持ってお住いの警察署の鑑識の人に相談する.

↪️サインはできないが,鑑識の人が指紋採取を手伝ってくれる

↪️サインはカナダの大使館に連絡し,日本の警察がサインできないことを証明する様式を住所まで送ってくれるとのこと

ここまで,すごくたくさん調べました.なんたって,情報がネットになくて困ったし,サインができないと言われて焦るし.不安でしたがそのフォームと,証明書をFBIに送ると,無犯罪証明書がデータと用紙で送ってこられました.ちなみにデータは割とすぐに届きました.データが届いて1週間?それくらいだったかな?

次はパラオ

パラオにいた時にとっておけばよかったと思ったこの書類

途上国のため,なかなか連絡が遅かったので

パラオにまだいる職場の現地人に手伝ってもらいました.

必要だった書類は

ワークパーミット

パスポート

ソーシャルセキュリティカード

のコピーと発行手数料

とりあえずこれもデータで送ってもらったので安心です.

 [:]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です